mixiが車コーティング市場に参入最新の記事

赤ちゃんのアレルギーと便秘の負のスパイラル

赤ちゃんのアレルギーを予防するにせよ、治療するにせよカギとなるのが腸の健康です。

腸が不健康であれば、それは便秘となってあらわれます。そして、便秘の腸にはアレルギーの原因物質を含む老廃物がいつまでも残っている状態です。

しかも腸内で増殖した悪玉菌の働きで腸の防護壁も新陳代謝が弱くなっていますから、免疫システムがアレルゲンを異物として攻撃しやすくなっている状態です。

このようにして特にタンパク質を含む食材が、赤ちゃんのお腹の中に長くとどまっているのは、決して好ましいことではありません。

そして、アレルギーが発症すると今度は便秘になりやすくもなるのです。

アレルギーによって鼻が詰まったり、気道が塞がったりと、体中の様々な管が通りにくくなり、腸管も詰まりやすくなるのです。

このように便秘によってアレルギーが生じやすくなり、そのアレルギーで便秘になりやすくなり、さらなるアレルギーを発症するといった悪循環になってしまいます。

アレルギーの心配のある赤ちゃんはもちろんのこと、そうでない赤ちゃんでも便秘になりにくい体質をつくって腸を元気にしておくことが大切といえます。

赤ちゃんの便秘対策としておすすめはオリゴ糖習慣です。

甘すぎずいろんな料理やミルクに混ぜられるオリゴ糖は毎日摂取するのにとても適しています。

オリゴ糖は、腸内に多く棲息する善玉菌、中でもビフィズス菌の大好物で、オリゴ糖を多く摂取したそれら細菌は、腸内で酸を生成します。

この酸が腸内の環境を良好に保ち、腸の働きを活発にし、老廃物が排出されやすくしたり、免疫力を正常に保つ働きをしてくれます。

薬ではありませんので、食品として取り入れながら、少しずつ良好な腸の状態をつくっていきましょう。【飲みやすい】子供用の青汁ランキング発表!

mixiが車コーティング市場に参入について


||専業主婦 ローン 一本化シドニー
カテゴリー
更新履歴
赤ちゃんのアレルギーと便秘の負のスパイラル(2017年8月 5日)
赤ちゃんが食物アレルギーになりやすい食品(2017年6月 2日)
不眠症の症状とは(2017年5月14日)
多汗症の症状と原因と対策(2017年5月 8日)
PMSと呼ばれる月経前症候群の概要(2017年4月20日)