Top > 育児 > 離乳食の進め方の理想的なスケジュール

離乳食の進め方の理想的なスケジュール

離乳食は、初期・中期・後期・完了期の4つのスケジュールで行うのが理想的です。

 

離乳食の初期は、5ヶ月から6ヶ月ごろから始まるのが一般的です。

 

もちろん、月齢が5ヶ月や6ヶ月になったら必ず始めなくてはいけない、ということはありません。前歯が生え始めて、首がしっかりと座り、支えてあげれば座ることが出来る、という状態になったら始めましょう。

 

また、食べる様子を見てよだれが出たり、口を動かすなど、食べるということに関心を持ち始めたら、離乳食を開始してもいいでしょう。

 

中期は、離乳食を開始して2ヶ月ぐらい経った頃です。上手にごっくんと出来るようになったり、子供のお茶碗で半分ぐらいの量が食べられるようになったら、いわゆるもぐもぐ期です。

 

中期になったら、味にバリエーションを出したり、舌触りを楽しむことを覚えさせてあげましょう。

 

後期は、豆腐など柔らかい食べ物がもぐもぐ食べられるようになった頃で、中期から2ヶ月後ぐらいが目安です。

 

この時期になったら、お魚や柔らかいお肉などをそのまま食べる練習をしましょう。また、マヨネーズやケチャップなどの調味料も使い始めることが出来ます。

 

バナナぐらいの固さのものが食べられるようになったら、いよいよ完了期です。

 

完了期は月齢12ヶ月から18ヶ月と幅が広いですが、主食とおかずがきちんと食べられるかを目安にするといいですね。香辛料のような刺激のある調味料以外なら、ある程度使っても大丈夫になります。

 

もちろん、赤ちゃんの食べ方は人によって違いますが、これが離乳食の進め方の理想的なスケジュールです。乳児 湿疹

 

育児

関連エントリー
赤ちゃんのアレルギーと便秘の負のスパイラル赤ちゃんが食物アレルギーになりやすい食品赤ちゃん夜泣き対策離乳食の進め方の理想的なスケジュール
カテゴリー
更新履歴
赤ちゃんのアレルギーと便秘の負のスパイラル(2017年8月 5日)
赤ちゃんが食物アレルギーになりやすい食品(2017年6月 2日)
不眠症の症状とは(2017年5月14日)
多汗症の症状と原因と対策(2017年5月 8日)
PMSと呼ばれる月経前症候群の概要(2017年4月20日)