Top > 血糖値 > 糖尿病を予防するために運動が大切

糖尿病を予防するために運動が大切

糖尿病を予防するためには、適度な運動をすることが欠かせません。

糖尿病治療のためには、病院でも薬物療法の他に患者自身で行う食事療法や運動療法を併用しています。

でも、血糖値を低くするのが目的なら、食事療法だけで十分なのでは?と思う人もいるかもしれません。

健康状態にもよりますが、血糖値の上昇を抑えるには食事療法だけでは不十分な場合があります。

血糖値が上がるのは血中にブドウ糖が吸収され過ぎてしまうのが原因ですが、運動をすると筋肉を動かすために血中のブドウ糖が消費されます。

そのため、血液内の余分なブドウ糖が筋肉細胞に取り込まれて、血糖値の上昇を抑制することが可能になるのです。血糖値 下げる

 

では、どんな運動が糖尿病の予防に適していると思いますか?

それは、全身を使って酸素を多く必要とする有酸素運動です。

有酸素運動には、ジョギングやウォーキング、水泳、サイクリングなどの種類があります。

筋肉を動かすと、体内のインスリンの働きもよくなります。

全身を使って運動すれば、それだけインスリンの効き目も広範囲に至ります。

運動をすると、糖に対しての効果が約48時間持続するといわれますから、一日おきくらいの運動でも大丈夫です。

これなら、運動が苦手な人、多忙な人にも続けていけるのではないでしょうか。

 

血糖値が上がったときに数値がピークとなるのは、食後1時間後から1時間半後くらいといわれます。

そのくらいの時間から運動を始めれば、血糖値を効率よく抑制することができるでしょう。

血糖値

関連エントリー
糖尿病を予防するために運動が大切
カテゴリー
更新履歴
赤ちゃんのアレルギーと便秘の負のスパイラル(2017年8月 5日)
赤ちゃんが食物アレルギーになりやすい食品(2017年6月 2日)
不眠症の症状とは(2017年5月14日)
多汗症の症状と原因と対策(2017年5月 8日)
PMSと呼ばれる月経前症候群の概要(2017年4月20日)