Top > PMS > PMSと呼ばれる月経前症候群の概要

PMSと呼ばれる月経前症候群の概要

PMSと呼ばれる月経前症候群は、生理の前に起こる心身の不調の症状のことです。症状には身体的症状と精神的症状があり、身体的症状には乳房のはりや痛み、肌荒れや体重増加、頭痛やのぼせなどがあります。精神的症状にはイライラ感や憂鬱感、集中できなくなったり、怒りっぽくなるなどの症状があります。

PMSの原因は月経との関連性があることは明白ですが、具体的な原因については未だ解明されていません。有力な説として、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの急激な変動がPMSの原因とする説があります。

PMSの症状は人によって大きな違いがあり、ストレスが蓄積していたり食生活が乱れていると症状が重くなります。性格も大きく関係しており、几帳面で真面目で完璧主義の人は症状が重くなることが多いです。喫煙者やコーヒーをよく飲む人も症状が重くなる傾向があります。

PMSは重い症状でなければそのまま放置しておいても大丈夫ですが、症状が重くて日常生活に支障が出ている場合はPMS治療薬が市販されていますので、薬剤師と相談したうえで薬を飲んで治します。薬を飲んでも症状が改善できないようであれば、レディースクリニックに通院して医師の診察を受けるようにします。PMS対策

PMS

関連エントリー
PMSと呼ばれる月経前症候群の概要
カテゴリー
更新履歴
赤ちゃんのアレルギーと便秘の負のスパイラル(2017年8月 5日)
赤ちゃんが食物アレルギーになりやすい食品(2017年6月 2日)
不眠症の症状とは(2017年5月14日)
多汗症の症状と原因と対策(2017年5月 8日)
PMSと呼ばれる月経前症候群の概要(2017年4月20日)