Top > 痛風 > 尿酸値の上昇理由と齎らされる病気・対策について

尿酸値の上昇理由と齎らされる病気・対策について

血中尿酸値が上昇する理由には、そのメカニズムから複数の事象が考えられます。尿酸はエネルギー代謝や一部の栄養素を分解した際の副生成物として、体内で産生されます。一方で尿を始めとする排泄物経由で体内における余剰分は排出され、通常は血中で一定値を保つというメカニズムがあります。

従って産生が過剰となるか、排出が適切に行われていない場合に血中濃度が上昇する事となります。前者は食事の過剰摂取・肥満・遺伝要因等で齎され、後者は病気を含む腎機能の低下・一部の薬剤の副作用等で齎されるものとなります。

血中尿酸値が継続的に高止まりすると、それ自体が痛風・結石といった病気の要因になると共に、腎臓に蓄積し易くなって機能低下を齎すという問題があります。そして腎機能が低下すると排出が抑制されてしまう為、更に血中濃度が上昇するという悪循環に陥って、最終的には腎不全を齎す要因とすらなり得ます。

従って血中尿酸値が一定基準以上である場合、対策や治療を要する事となります。軽度の上昇・蓄積であれば、食生活の見直しや運動習慣の導入によって短期間での改善が望めるケースも多くあります。一方で既に病気の引き金となり兼ねないような所見の場合には、投薬治療による血中濃度のコントロールが主となります。尿酸値 下げる

痛風

関連エントリー
尿酸値の上昇理由と齎らされる病気・対策について
カテゴリー
更新履歴
赤ちゃんのアレルギーと便秘の負のスパイラル(2017年8月 5日)
赤ちゃんが食物アレルギーになりやすい食品(2017年6月 2日)
不眠症の症状とは(2017年5月14日)
多汗症の症状と原因と対策(2017年5月 8日)
PMSと呼ばれる月経前症候群の概要(2017年4月20日)