Top > 多汗症 > 多汗症の症状と原因と対策

多汗症の症状と原因と対策

多汗症になると、暑いわけでもないのに汗をたくさんかいていしまいます。運動をしたわけでもないのに、多量の汗をかくので、常に汗ばんでいてつらい思いをしている人も少なくはないです。

原因に関してはわからない場合が多いですが、そのほとんどはストレスを強く感じていたり、新しい環境に置かれたときにはじまることから、精神的なダメージが原因だとも考えられます。もちろん、他にも原因も考えられますが、その原因に関しても一つだけとは言えないので、医師の判断を求めて病院に行くことも大切です。多汗症 改善

代謝異常や内分泌異常などのこともありますし、循環器や中枢神経の疾患など、他の病気が疑われることもしばしばあります。汗をかくこと以外にも、何か症状が出ていたら、要注意です。また、女性の場合は更年期障害であることも想定されます。若年性のものもあるので、婦人科にかかることも大切です。

遺伝や生活習慣の場合もあるため、家族のことを知ったり、普段の食生活などを含む習慣などを見直すことで改善することもありますが、状況を理解するのは難しいので、医師に任せることも大切です。汗ばむだけの場合もありますが、滴り落ちるほどになると、周囲への迷惑にもなりますので早めの改善が必要とされます。

多汗症

関連エントリー
多汗症の症状と原因と対策
カテゴリー
更新履歴
不眠症の症状とは(2017年5月14日)
多汗症の症状と原因と対策(2017年5月 8日)
PMSと呼ばれる月経前症候群の概要(2017年4月20日)
尿酸値の上昇理由と齎らされる病気・対策について(2017年4月17日)
赤ちゃん夜泣き対策(2017年4月13日)