Top > 不眠症 > 不眠症の症状とは

不眠症の症状とは

日本人の5人に1人は悩んでいる病気、それが不眠症です。環境要因や身体要因の他、最近では精神的ストレスによる心の要因・運動不足やアルコール・カフェイン摂取の多さといった生活習慣要因が高まっている方が増えているのが、この病気が増えている原因と言えるでしょう。

 

眠れないといってもタイプがさまざまあり、なかなか寝付くことができない方や、早く目覚めてしまう方、途中夜中に何度も目が覚めてしまうという方、睡眠時間をしっかり取っているのに眠りが浅く熟睡感がなく日中に眠い方もいます。

 

十分な睡眠が取れないままだと脳も身体も疲れきってしまいます。その結果、高血圧や糖尿病・うつ病などさまざまな病気が引き起こされます。老化も促進し、寿命が短くなります。意欲や集中力・コミュニケーション能力・学習能力などさまざまな面で悪影響が生じるので、社会生活を送るのも困難になり、幸福度も下がってしまいます。

 

かくれ不眠もいます。健康や若さ・美容を維持するためにも眠りをもう一度見直し、その原因を探ることが大切です。元気な毎日を送るためには睡眠は欠かすことのできないものです。交通事故やうつ病による自殺など、死にもつながる病気なので早めの治療が必要です。不眠症 改善

不眠症

関連エントリー
不眠症の症状とは
カテゴリー
更新履歴
赤ちゃんが食物アレルギーになりやすい食品(2017年6月 2日)
不眠症の症状とは(2017年5月14日)
多汗症の症状と原因と対策(2017年5月 8日)
PMSと呼ばれる月経前症候群の概要(2017年4月20日)
尿酸値の上昇理由と齎らされる病気・対策について(2017年4月17日)